リンク集: スーパーコピーブランド, グッチ服 スーパーコピー, フェンディコピー, シュプリーム ヴィトン コピー, ウブロコピー, ロレックスコピー, オメガ スーパーコピー, タグホイヤー スーパーコピー, シャネルJ12スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, オーデマピゲ スーパーコピー, パテックフィリップ スーパーコピー, ブレゲ スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, スーパーコピー時計, ロレックススーパーコピー, ウブロ時計スーパーコピー, カルティエ時計スーパーコピー, シャネルバッグスーパーコピー, エルメスバッグスーパーコピー, グッチバッグスーパーコピー, オメガ時計スーパーコピー, パネライ時計スーパーコピー スーパーコピー時計 スーパーコピー ロレックス スーパーコピー カルティエ 時計コピー ブルガリ スーパーコピー ウブロスーパーコピー フランクミュラースーパーコピー タグホイヤースーパーコピー パテック フィリップスーパーコピー シャネル時計 コピー オメガ コピー スーパーコピーブランド通販 スーパーコピー時計

ホーム > 病院概要

病院についてAbout

ご挨拶

理事長挨拶

 当院は昭和33年5月、旧三好郡の医師会の有志によって「四国共立病院」として旧池田町に開院し、平成18年5月東みよし町に「ゆうあいホスピタル」として生まれ変わりました。
そして当院の経営理念の一つである「明るく開放的で地域に貢献する病院」を目指し、精神科病院に対する閉鎖的なイメージを払拭する建物となりました。もちろんハード面のみならず、ソフト面においても「患者様中心の良質な医療サービスの提供」を実践すべく職員一同日々研鑽に励んでいます。
 さて、昨今の高齢者や障害者の方々を取り巻く環境は著しい変化を続けています。
 入院治療から在宅治療への移行が進む中、平均在院日数の短縮、また長期入院患者様がひとりでも多く退院できるように、様々な退院促進支援を行っています。一方、超長期の入院生活の結果、病状的にも社会的にも退院が困難な患者様がいることも事実です。こうした患者様に対しては治療の場であるとともに、明るく楽しい生活の場・安らぎの場となるよう様々なサービスを提供することを心がけています。すでに地域で生活されている患者様に対しては、地域連携課が中心となり、生活支援を行うとともに再燃・急性増悪時には、早期に危機介入できるような体制を整えております。
 患者様一人ひとりの声に耳を傾け、患者様を中心とした良質な医療の提供を行い、そして地域の他の医療機関や社会福祉関係の皆様と心を一つにして、患者様が自分らしく安心して地域の中で暮らすことができる環境を造りあげていければと願っています。

                         最高経営責任者
                         名 誉 院 長  坂本 哲郎

経営理念

1.明るく開放的で地域に貢献する病院

2.患者中心の良質な医療サービス

3.公正、公平、公開(3つの公)の実践

基本方針

1)私達は患者様の健康と幸せを願い、安心できる環境と質の高い医療を提供します。

2)私達は患者様の権利を尊重し、自立への支援に努めます。

3)私達はチーム医療の中で、患者様の家族、地域の人々、行政その他の人達と連携して、
 専門職としての役割を誠心誠意全うします。

4)私達はよりレベルの高い医療サービスを提供できるよう常に自己研鑽に努めます。

5)私達は常に法令を遵守し、理念や方針に従い、
 未来に向けて最善の医療が提供できるよう努力致します。

院長挨拶

「脳も病気になる」という事を、知っていただきたいと思います。
内科や外科等では、病気になった部分を診たり、様々な近代的な検査によって診断・治療を行い、薬の効果も検査により評価出来ます。
 「脳の病気」を治療するのは、脳神経外科、神経内科、そして精神科です。
脳外科や神経内科では、脳腫瘍・脳梗塞・脳出血・脳の変性疾患などを診断・治療する事が出来ます。
 では、精神科ではどのような脳の病気を診ているかと言いますと、現代の高度医療でも解明出来ない超微細で複雑な、「脳神経細胞間のバランスの乱れ」により生じる病気や症状です。
 遺伝的なもの、成長の過程、内外のストレスなどで脳神経細胞の機能や連携の発達やバランスが崩れて、思考、感情・気分、意欲、知覚、意識、記憶などの異常として現れ、不眠、不安、恐怖、抑うつ、怒り、悲しみ、気分の高揚、不注意、衝動、多動、幻聴、妄想、健忘、徘徊、依存、暴言・暴力などの症状として発現します。
そして、総合失調症・うつ病・躁うつ病(双極性気分障害)・神経症(重度ストレス反応及び適応障害)・自閉症スペクトラム症・注意欠陥多動症(ADHD)、依存症などの病気に診断されます。
 それを診断するための装置は、現在のところ完成していないため、臨床的熟練が必要とされます。
 治療には薬物を用いますが、不十分なので、精神療法や生活療法、社会生活技能訓練、作業療法などを追加し、更にデイケア、作業所、訪問看護、地域の支援に至るまで、医師のみではなく多職種のスタッフが関わるシステムが出来上がっています。
 当院におきましても、多職種連携による治療と支援を活発に行っており、社会復帰のできた患者様が多数いらっしゃいます。
 私は、内科臨床を10年した後、精神科臨床に20年携わって参りました。統合失調症、うつ病、神経症だけでなく、「注意欠陥多動症(ADHD)」や「アルコール依存症」、「心身症」の臨床をさせて頂き様々な事を学んでまいりました。たくさんの患者様が病状寛解維持できており、デイケアも小規模型から大規模型になりました。ADHDの患者様も多数おられますが、穏やかに現実に適応できています。アルコール依存の患者で、完全断酒し定期的に通院されている方も多数いらっしゃいます。今後も、当院の多職種スタッフと連携しながら精神科疾患の治療と支援に取り組む所存でございます。
 精神病が偏見を受ける時代は過去のものとなりました。心身の不調を感じておられる方は、勇気を出して精神科を受診してみてください。当院では、皆様を精一杯サポートするしっかりとしたシステムが出来ています。気楽にお越しください。

院長多田 克

病院概要

開設者
特定医療法人恵済会
病院名
ゆうあいホスピタル
開院日
昭和33年5月1日
所在地
徳島県三好郡東みよし町中庄728番地1
構造
鉄筋コンクリート造4階建
面積
9,575.44m²
診療科目
精神科・内科・心療内科
その他
多目的ホール350m²
デイケア用大浴場(温泉風)
  • デイケア用大浴場(和風)デイケア用大浴場(和風)
  • デイケア用大浴場(洋風)デイケア用大浴場(洋風)

医療法人恵済会行動計画(第2回)

 従業員が仕事と家庭を両立させることができ、また働きやすい職場環境を
整備するため、次のような行動計画を策定する。

1.計画機関

平成27年10月1日から平成32年9月30までの5年間。

2.内容

(目標1)女性従業員の育児休業取得率80%以上にする。
(対策)育児休業の担当者を配置し個別説明を実施する。

(目標2)年次有給休暇の取得日数を1人当り平均年間10日以上とする。
(対策)半年毎に取得状況調査を行い目標達成状況の確認を行う。

沿革

昭和32年10月9日
医療法人設立許可
昭和33年5月1日
四国共立病院開院 20床
昭和43年1月29日
第2病棟増改築工事起工式及び10周年記念式典
昭和43年9月9日
第2病棟改築1基工事完成・使用許可 計260床
昭和52年5月5日
開院20周年記念式典 計281床
昭和54年7月31日
第3病棟増改築工事完成
平成14年8月1日
精神科作業療法開始
平成17年3月28日
特定医療法人許可(徳島県下初)
平成17年5月31日
医療機関債「地域医療振債券」発行(徳島県下初)
平成17年9月1日
生活訓練施設援護寮「かもみーる」開設
平成18年5月1日
「ゆうあいホスピタル」東みよし町へ移転開院 220床
平成25年7月1日
デイケア増改築工事完成